(国)高等学校等就学支援金制度について

 高等学校等就学支援金制度は、生徒に対して授業料に充てる支援金を支給し、家庭の教育費負担を支援する制度です。
 支給には世帯年収による要件があり、一定の収入を超える所得世帯には支給されません。
 基本は公立高校授業料相当の年額約12万円が支給され、また、所得に応じて加算があります。(下記参照)

  都道府県民税所得割額
  +市町村民税所得割額           世帯年収(目安)     支給額(年額)
  0円(非課税)              270万円未満      297,000円
  100円以上85,500円未満      270〜350万円未満  237,600円
  85,500円以上257,500円未満  350〜590万円未満  178,200円
  257,500円以上507,000円未満 590〜910万円未満  118,800円
  507,000円以上           910万円以上      0円

 ※世帯年収はあくまで目安であり、保護者(親権者)全員の都道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合計額により決定されます。
 ※上記は令和元年度の実績をもとに作成したものです。令和2年以降の詳細については配付する書類でご確認ください。

 世帯年収による支給要件を満たしていても、申請手続きをしなければ支援金は受給できません。
 申請手続きにはマイナンバーを明らかにできる書類(個人番号通知カード、またはマイナンバーカードの写し)の提出が必要です。
 申請書類については、申請手続き時期に本校よりクラス担任を通じて配付いたします。

 (申請手続きについて)
 就学支援金は、1年生の4月に申請手続きがあります。必要な書類は、申請書とマイナンバーを明らかにできる書類の2つです。
 認定を受けた場合、その後も世帯年収の所得制限に該当しなければ、在学中の3年間は原則手続き不要です。

 ※保護者の状況や税額に変更が生じた場合には、支給額が変更となることがありますので、申請手続き時期に係らず必ず学校に連絡してください。

 支給については、学校経由で年4回に分けて校納金振替口座へ振り込みます。
 手続きが整い次第、通知文をクラス担任を通じて配付いたしますので、ご確認ください。

 (振込時期)
   第1期( 4月〜 6月分)  9月 
   第2期( 7月〜 9月分) 11月
   第3期(10月〜12月分) 12月
   第4期( 1月〜 3月分)  3月