スクールライフ

わたしが奈良大附属高校を選んだ理由

shibuta

1年生 山本鈴乃さん

先生方がどんな事に対しても、親身になってくださる!

 私が奈良大学附属高校を選んだ理由の一つには、先生方がどんな事に対しても、親身になってくださるということです。中学3年生の時に本校のオープンキャンパスに2回参加し、進路相談にも行かせてもらいました。私が感じたことは、先生方の生徒への対応が本当にていねいであることです。中学校の先生も「奈良大学附属高校の先生は皆、生徒への対応が素晴らしい」と言っていたのですが、本当にその通りで、びっくりしました。
 そのことを実感したのは進路相談です。私は受験するのに勉強面でとても不安がありました。なぜなら私の成績でギリギリだったからです。ですが、そんな私に対しても的確な受験へのアドバイスを与えてくださり、進路の話もたくさん聞いてくださいました。初対面の私に対しても、こんな親身になって話を聞いてくれるのだから、高校3年生で進路を決める際、悩んでいたらきっと自分にあったアドバイスや情報を教えてくださると思いました。
 私には、まだ将来の夢、自分の進路がまだ決まっていません。ですが、本校の先生方と一緒に3年間を過ごしていたら絶対に自分にあった将来の夢、行きたい大学や進路が見つかると思います。そして、他にも勉強と部活の両立ができることも魅力です。
 本校は、勉強にも部活にもしっかりと力を入れています。コース関係なく勉強と部活を上手に両立している先輩達がたくさんいます。私自身クッキング部に所属し部活と勉強面でしっかりと両立させています。違うコースの友達ともお互い勉強を教え合ったりして、切磋琢磨しています。
 本校の建学の精神である「努力が天才なり」のもと学校生活を一生懸命頑張りたいと思います。

hosoda

1年生 中山良祐くん

文理コースは部活と勉強が両立しやすい環境!

 僕が奈良大学附属高等学校に入学して良かったと思うことは、部活と勉強が両立でき、大学への進学率が高いということがよかったと思いました。
 奈良大学附属高等学校は「努力が天才なり」を建学の精神としてやっています。僕は奈良大学附属高等学校野球部に入っていて、高いレベルでプレーをしたい、甲子園へ出場したい、そこにたどり着くには努力なしではたどり着かないと思います。
 もし、奈良大学附属高等学校に入学するなら、勉強面でも、高い点数をテストでとりたかったら日々の努力が大事だと思うので、努力ということを心がけて学校生活を送ってもらいたいと思います。
 また、僕は文理コースを希望して入学しました。文理コースは部活と勉強が両立しやすい環境で、文武両道ができるコースなので、ぜひ文理コースを希望してほしいです。
 最後に、奈良大学附属高等学校には色々な部活動があり、その中でも強化クラブもあるので、ぜひ中学3年生の皆さん奈良大学附属高等学校に入学したら、部活動に入ってもらいたいと思います。

sugita

1年生 竹森加旺さん

楽しく有意義な高校生活を送ることができる環境!

 私が奈良大学附属高等学校「特進コース」を選んだのは、勉強に励みながら、楽しく有意義な高校生活を送ることができる環境だと思ったからです。
私はこの高校に通っている知り合いから、すごく良い学校だという評判を聞いたことがきっかけで入学しました。また、奈良大学附属高等学校の「努力が天才なり」という建学の精神にも心惹かれ、ますますこの学校に関心を抱くようになりました。
 入学して2ヶ月になりますが、奈良大学附属高等学校へ来て本当に良かったと思っています。先生方は皆明るく、私たちを熱心に指導してくださいます。特進コースは他のコースと違って、朝8時から夕方まで勉強をします。しんどくなる時もありますが、先生や仲間と共に乗り越えていきたいです。
 私はこの恵まれた環境で過ごす日々や、この学校で出会えた仲間たちを大切にし、人生で一度きりの高校生活を楽しく充実したものにしたいと考えています。