進路情報

卒業生の声

森脇悠太さん
奈良大学合格

自分たちの力でできるんだと自信がついた

 奈良大学附属高校での私の高校生活は、文化祭や体育祭、研修旅行などの学校行事や、毎日のクラブ活動でとても充実したものになり、3年間があっという間に過ぎました。特に自分が成長できたと感じるところは、文化祭でクラスのみんなと協力し、最後までやり遂げたことで、自分たちの力でできるんだと自信がついたことです。
 標準コースは体験学習が充実していて、本を読んだり、人の話を聞いたり、自分たちで話し合いをすることで、自分の中に問題意識が生まれ、具体的な将来のビジョンや夢、目標がはっきりしていきます。なので、これから自分と社会に目を向けて、いろいろな夢を見つけようという人にピッタリです。
 ぜひ奈良大学附属高校でたくさんの人との出会いを大切にし、充実した高校生活を過ごしてほしいと思います。

木平大輔さん
近畿大学合格

甲子園出場という夢が叶った

 私は奈良大学附属高校で野球がしたいという思いで、入学しました。入学当初はクラブのことだけを考えて高校生活を過ごしていましたが、クラブ顧問の先生や教科担当の先生から、クラブだけではなく勉強面でも力をつければ、将来の選択肢がぐんと広がると教えていただきました。
 クラブと勉強の両立は苦しいことも多く、続けるのは大変でしたが、どちらもやり抜いたおかげで甲子園出場という夢が叶うとともに、目標としていた大学にも合格することができました。
 私は奈良大学附属高校での3年間で本当に多くのことを学び、経験することで心の面でも成長できました。皆さんも奈良大学附属高校で、クラブ活動をはじめ、いろいろなことにチャレンジして充実した高校生活を送ってください。

上田咲帆さん
公立鳥取環境大学合格

特進コースは勉強できる環境が整っている

 私は国公立大学を目指し、奈良大学附属高校の特進コースに入学しました。勉強はもちろん、生徒会活動や部活動にも挑戦し、充実した日々を過ごすことができました。
 しかし、大学受験はそう簡単にいかず、推薦入試では不合格でした。そのときは本当に辛い思いをしました。そんな時に支えてくれたのは周りの友人や先生方です。特進コースは勉強できる環境が整っていたこともあり、集中して取り組めました。当時は今まで一番必死だったと思います。その結果、第一志望の大学に一般入試で合格することができました。
 私はこの学校で、諦めずに自分のできることを一生懸命すれば結果に結びつく、ということ学びました。やる前から逃げ出しそうになるときもあると思いますが、失敗を恐れずにどんどんチャレンジしてください。
 「努力が天才なり」は嘘ではありません。みなさんも努力して夢を掴んでください。