• 画像1
  • 画像2
  • 画像1
  • 画像2

主体性を引き出し、進学に向けた実力養成を図る

総合型選抜・学校推薦型選抜・一般選抜による大学受験のほか、医療・看護系専門学校など、個々の進学に対応する実力蓑成を図ります。また、学習に対する主体的態度を引き出しながら、勉学とクラブ活動の両立をサポートします。

論理的思考力を身につける小論文講習
多様化が進む現代社会においては、知識の蓄積だけでは克服できない問題が多くあります。答えが一つでない実社会の事柄について、主体性を持って自分なりの考えを築き、伝える力、すなわち論理的思考力を身につけるために小論文講習を実施します。
医療・看護系への進学をサポート
近年、医療・看護系専門学校への進学に注目が集まっています。本校では、医療・看護系に進学した卒業生との交流会や、奈良県内の病院での看護体験参加の奨励など、医療や看護の分野で社会貢献をめざす生徒を丁寧にサポートします。

教育課程表

教育課程表(令和3年度)
教育課程表(令和3年度)

メッセージ

担当教員

英語担当文理コース長 木原 英輔教諭

文理コースの特徴を教えてください
文理コースは大学進学を見据え、2年生から理系と文系に分かれるカリキュラムを設定しています。そのため1年生の半ばには進路目標を定めることになります。理系では英語・数学。・理科、文系では英語・国語・社会をそれぞれ重点的に学習します。私立大学の総合型選抜や学校推薦型選抜に向けて、教科の学力向上にくわえ、小論文対策にも積極的に取り組んでいます。また、一般選抜を想定した勉強合宿や、看護系専門学校への進学に向けた看護体験指導など、個々の進路希望に応じたキャリア意識向上のための取り組みも行っています。
私たちは生徒の「主体的、積極的に人生を切り拓く力」を育みたいと考えます。それは学業においてはもちろん、進路の決め方やクラブの活動での活躍など、学校生活のあらゆる場面を想定しています。どのような場面においてもいろいろな問題や悩みが生まれるでしょう。しかし、壁にぶつかった時こそ成長のチャンスです。受け身ではなく、自ら考え、能動的に行動して生徒一人ひとりがそれぞれの課題の解決を図ることができるように、私たち文理コースはそのための指導を実践します。