天理大学合格
池田宇藍さん

奈良大学附属高校は生徒と先生の距離が近い

 奈良大学附属高校は生徒と先生の距離が近く、勉強でわからないところがあれば気軽に質問することができ、授業以外の場面でも先生方がサポートしてくれました。そのおかげもあり、私は卒業後の進路を決めることができました。
 私はなぎなた部に所属していましたが、そこでも顧問の先生のご指導によって仲間と切磋琢磨し合い、多くの大会に出場することができました。もちろん自分自身で努力をすることが必要です。努力すれば将来の可能性が大きく広がります。
 ぜひ奈良大学附属高校に入学し、3年間の高校生活を有意義に過ごして欲しいと思います。

奈良大学合格
寺中智輝さん

精一杯取り組むことの大切さを学びました

 私は入学当初、勉強だけを頑張ろうと考えていたのですが、芸術の先生から、部活動で自分を成長させることができると背中を押してもらい、美術部に入部しました。3年間部活と学業の両立をめざし、一所懸命努力した結果、優秀賞を受賞し全国にも出展することができました。
 また、志望していた奈良大学への進学も実現させることができました。苦しい時も、くじけそうな時もありましたが、精一杯取り組むことの大切さを学びました。私は3年間の高校生活にとても満足しています。奈良大学附属高校には目標の実現のために熱心に指導してくださる先生方がいます。
 みなさんも充実した高校生活を送り、将来の夢に向けて頑張ってください。

奈良教育大学合格
後川りのさん

夢に向かって頑張ることができる

 私は高校受験で志望校に合格できませんでしたが、大学こそは志望大学に合格したいという目標を抱き、奈良大学附属高校に入学しました。軽音楽部に所属しながら受験に必要なピアノや声楽に通い、奈良県次世代教員養成プログラムにも参加して慌ただしく日々が過ぎました。
 センター試験では5教科7科目が必要だったので、苦手な教科に時間を費やしました。その結果第一志望の大学に合格することができ、先生方に諦めなくて本当に良かったねと言ってもらえました。私も強くそう思います。
 無謀だった私の夢を否定せず、最後まで支えてくださった、この学校だったからこそ苦しくても夢に向かって頑張ることができました。